サンプル
〜名前のことだま鑑定(ことだま師、入門講師)、筆跡診断(筆跡診断士、指導士)〜
「書は人なり」と言います。人が書く文字にはその人の「いま」の気持ちや願望、あり方などがあらわれています。文字から何がわかるのか?そもそも筆跡診断とは何なのか?少し長くなりますが、知っておいていただきたいこと。以下のQ&Aからお読みください。

 
いいえ違います。美文字等の指導を行うものではありません。

 
いいえ、そうではありません。「よくわかりましたね!」とご感想をいただくことが多いのですが、当てるというのとは意味合いが違います。

 
筆跡診断は筆跡学者/森岡恒舟氏によって開発されました。「書く」という行動の結果残される痕跡を科学的に分析し適性や行動の改善に役立てるものです。1993年日本筆跡診断士協会として発足~進化しながら現在に至っています。西洋ではグラフォログとして歴史ある学問です。

 
ひとつには文字ごとの特徴を捉えます。(へんとつくりの関係や縦線の書きかたなど)またもうひとつには一定の規格の中で文字の配列などの特徴を捉えていきます。

 
いいえ同じではありません。よくお尋ねいただくのですが、筆跡鑑定は数多くの筆跡からある一人の人物を特定するための特徴を識別するものです。私が行う筆跡診断は一人の人の筆跡特徴から、その方の性格や行動傾向を解明していくという大きな違いがあります。

 


行動の癖や性格がわかります。例えばお金の管理、健康、適性(適職)、愛情面(人との関係)希望する生き方への筆跡の改善についてもアドバイスできます。例えば上の画像をご覧ください。
違いは赤で囲んでいます。この違いを簡単に言えばはねが弱め=好奇心が強く、いろんなことに興味がある人はねが強め=粘り強く責任感も強い、最後まであきらめない人ということになります。(実際には幾つかの字を見て診断します)同じ人でも時期によって違う書きかたになることもあります。その時の行動傾向が筆跡によってわかってくるのです。

例えば行動や心の癖で変えたいと思うことがあってもなかなか続かない…しかし字を書くという日常の行為なら特別なツールも必要なく、続けやすいのです。知って納得もできる、変えることもできる。それが筆跡診断の良いところです。

 
急いだ時、余裕のある時で確かに違うように見えることはあるでしょう。しかし、文字の書きかた・配列などは実際にはそれほど異なりません。診断ではハガキという空間を使って文字を書いていただきます。そこで出てきた特徴が「いま」のあなたを教えてくれるのです。

 
●自分に合った働き方、適性が知りたい。
●自分に合ったお金の管理法が知りたい。
●今現在の自分の行動の癖を変えたい。
●人間関係をもっとスムーズにしたい。
●目標達成のためにできることがあれば知りたい。

文字を書くという日常の行動、それには多くの情報が含まれています。「よくわかりましたね、そのまんまです。」「いろんな方から指摘されることが診断を通じてやっと納得できました。」「自分がやりたいことが明確になりました。」「コンプレックスを手放すことができました。」などのご感想が届いています。筆跡診断は現在の自分の考え方や行動の癖がわかる言わば「人生の現在地確認」のようなものです。一人ひとりが違う顔を持ち、違う行動をする。文字を書くこともまた同じ。何気ない行動から、奥深い心理を知ることができるのです。

*生来持った役割などを知りたい方は「名前のことだま鑑定」もご活用ください。

以上です。上記以外にご質問いただきました場合は加筆いたします。

◯こちらもご覧ください。
 セッションメニュー:
 
 

◯こちらもご覧ください。

セッションメニュー: